庄内町地域おこし協力隊3号の日記

地域おこし協力隊として、庄内町に移住してきました!

濁沢神社の例大祭

おはようございます!

台風の影響で、昨晩は雨に風にすごかったです。

さすが梅雨という感じで、ゆるRUNのコース下見にも

行けず、今週の告知は本日の夜になるかと…

 

さて、月山開山祭も無事おわりました!

今年も、いまいちな天気(開山祭が晴天なことは少ないそうです)

でしたが、思ったほど大雨ということもなく、

みんな無事登頂し、神事を終えてきました♪

 

f:id:grikon716:20170704074144j:plain

↑ 強風に耐えながらの写真!山頂にはクロユリも1輪咲いていましたが、

  雨であまりいい写真はないので、詳細はまた次回~!

 

今回は、開山祭の前日に参加させていただいた濁沢神社の例大祭

神社、といっても、神社らしい建物はないのです。

濁沢大聖不動瀧という滝がご神体」という場所。

 

濁沢というのは、平成の名水百選「立谷沢川」の奥にある沢です。

大崩落が十数年前にあり、この滝へ行く林道があったものの

土砂崩れによって、道がなくなってしまったとのこと。

 

探し続けた結果、遠くから「糸を引いている滝」を発見し、

このルートを使い、再びいけるようになったとのことでした。

そういう話を伺いながら、進むと、やはりさらにご神体への

期待、ありがたみは強まり、大変貴重な経験となりました。

 

f:id:grikon716:20170704075142j:plain

↑最初は行けるところまで車で行き、林道を歩きます。

 

f:id:grikon716:20170704075229j:plain

↑ 時には、川渡もありますが、これはまだ序の口。

 

f:id:grikon716:20170704075534j:plain

↑ さて、激しくなってきました♪♪

 

 

f:id:grikon716:20170704075405j:plain

↑ 濁沢の堰堤。これをたどっていきます。つまり、沢登り。

 

f:id:grikon716:20170704075635j:plain

↑ でも、自然が本当に素晴らしいんです。

 いろんなものに包まれて、すごく動物になった気分になります。

 

f:id:grikon716:20170704075811j:plain

↑ 無事ついたところには、濁沢大聖不動明王瀬織津姫を祀っている滝へ。

  写真ではなかなか表現できませんが、本当にひっそりとたたずんでいる滝でした。

  細い滝が3本。まるで月山から雪をそのまま下界へ送ってるかのような清流かつ

  力強いそして優しい流れ。祈りの儀に参列させていただき、

  不思議な体験をすることができました!

 

f:id:grikon716:20170704075943j:plain

↑ 例大祭なので、お供えの準備。さくらんぼがあるのは山形ならでわ?!

 

f:id:grikon716:20170704080233j:plain

↑ 集合写真。この険しい道への同行者は全員女性でした。

 山伏の星野さん、ありがとうございました!!!

 

f:id:grikon716:20170704080350j:plain

↑ 帰りもジャボジャボ沢渡をしながら帰りました。

 

とてもじゃないですが、1人で勝手に行けるような場所ではありませんでした。

道なし、藪あり、沢わたりあり、沢登あり、熊の落とし物あり、って場所!

さすが修験の道。危険と背中合わせなのも、

すっごい集中力が増して楽しい(。-∀-)

星野さんがずっと、「考えるより感じろ」と仰っていたのが印象的でした。

普通の登山ももちろん楽しいですが、たまにはこういう本能のままに

山を感じる山歩きもいいですね。まあ、雨の日にいきたいとは思いませんが・・・。

 

この例大祭、毎年やっております。

過年度のものは、ぜひこちらのブログからもご参考ください♪

濁沢神社例大祭に参加してきました - ふれるほどやさしくなる立谷沢川流域