庄内町地域おこし協力隊3号の日記

地域おこし協力隊として、庄内町に移住してきました!

六十里越街道トレイルランニング大会(ろくトレ)試走~ハーフ~

おはようございます!

台風12号が日本列島を変な動きで通過・・・

そんな中、東北地方は進路が大幅にずれたので、

暴風はすごいものの天気はよく・・・

 

8月19日に開催されるろくトレの試走へ行ってきました!

メンバーはウルトラランナーのRさんと

最近トレイル始めたばかりのゆるランおなじみTさん!

1人では不安だったので3人いると心強い!

 

今回は、本道寺~大岫峠(最高地点1,140m)までの往復約36km。

f:id:grikon716:20180731064255j:plain

↑ 蛍光ペンをぬったところです。この地図は、公式HPにUPされています。

 

f:id:grikon716:20180731064848j:plain

↑ 今回はYAMAPと上の地図を見比べながら行きました(帰りはロードで帰った)

 

これから試走予定の方も、できない方もいると思いますので、

簡単に注意事項・気づいたことをまとめておきます。

・弓張平までの道はアブが多すぎる→ハッカ(虫よけ)必須

 (ハッカの効果めちゃめちゃありました。が、前半なめてかかったので

  気づいた時にはかなりさされてた。11か所やられました。時期的に

  少なくなるころだと思いますが、必須です)

・蜂対策も万全に。養蜂場の隣を通ったりもします。

・渡渉箇所多い。(地図に書いてあるところは必ず沢だと思った方がいいです)

 今回は水量が少ないタイミングにいきましたが、沢に入らざるを得ないところもありました(自ら入りに行って涼みもしましたが・・・)

・水場(湧き水)はありません

・湖沿いを走るルートの「激坂注意」のところは、1人しかとおれないし、九十九折りのサラサラ砂です。雨でも乾いてても危険。

・湿地帯が非常に多いため、泥沼にはまる可能性大。(私は一度靴が泥に持ってかれて脱げました)

・後半雨だったら沢登りかも・・・

・石畳が多いため、滑りやすい可能性あり

・制限時間きつめ・・・今回休憩はかなりしたし歩きもしたけど

大岫峠までで4時間20分くらいでした。ハーフの制限時間は4時間なので、油断はできないと思います。

・試走に行く方は、刈払いがこれからのため、草や木が伸びているところ多数です。

(それでもこの長いルートを整備することの大変さは本当に身に沁みます。

実行委員の方々に感謝です)

 

注意点ばかり書きましたが、

さすが日本遺産ということもあり、非常に歴史を感じるルートです。

ブナ林の道はとてもきれいですし、湯殿山や姥が岳がばっちり見えます。

見どころもたくさん。あとは写真にてご説明します(*ノωノ)

 

f:id:grikon716:20180731070428j:plain

↑ 本道寺スタート 「湯殿山」と書いてある立派な門。ここから参詣してたのかと思うと本当に信仰とは何ぞやという気持ちになります。

 

階段を上りたいところですがコースは最初はロードです。

 

f:id:grikon716:20180731070719j:plain

↑ 道幅はこれくらい。狭くはないと思います。3kmくらい登ります。

 

 

f:id:grikon716:20180731220247j:plain

↑ 風吹茶屋。ここは国道112号沿いで車がバンバンとおります。

ルートも歩道。ここまでにある程度ばらけていると思いますが、気を付けましょう。

 

f:id:grikon716:20180731220931j:plain

↑ 月山湖水の文化館へつながる関係車両のみのルート。

 歩道はあいていました。当日は全面あくとおもわれます。

 

f:id:grikon716:20180731220624j:plain

↑月山湖。10時~17時は大噴水らしいですが、これを見てたらタイムアウトです笑

 

f:id:grikon716:20180731221344j:plain

↑ 「関の茶屋」を越えると、トンネルが・・・「緑色の柵をくぐり」と地図に書いてあるものの、いったいどこに入り口が・・・?とおもっていたら・・・

「六十里越街道」の関門が突然!押さずに入りましょうw

 

f:id:grikon716:20180731221633j:plain

↑ しばらくシングルトラック。ここは草刈まだでした。虻ゾーン。湖沿いで気持ちはいいです!

 

f:id:grikon716:20180731221809j:plain

↑ 桂の巨木。特に看板はないですが、見逃す人はいないと思うくらいでかい。

でも虻がはりついてきます!!( ;∀;)

 

この後、地図上に「下り急斜面」とかいているところは

本当に急なつづらくだりです。滑りやすいし、あせらないようにしましょう。

その後もこまやかなアップダウンあります。

 

追分石を越え・・・しばらくいくと

「橋を渡り、砂利道をすすむ」という場所へ。

f:id:grikon716:20180731222613j:plain

 

ん?

 

橋は?

 

流された?!と思いきや、大会までに作る予定の場所らしいです。(これ、あとからきいたので、本当にどうしようかと思いました)

流れもあるしすこしためらいましたが、最近ドボンにはまっているTさんが

ためらいもなくドボン!!

f:id:grikon716:20180731223112j:plain

↑ 「トレランシューズはドボンするために乾きやすいんでしょ」と。

うーん。最近始めたばかりなのに楽しみ方をよくご存じで。

 

f:id:grikon716:20180731223414j:plain

↑ そういうわけで私たちもドボン!!「気持ちい~!!!」

思わず全身つかりたくなるほどの快適さにびっくり!

 

しかし、水で虫よけがとれて、また奴らが寄ってきました。

これは注意です!

 

その後、一旦ロードに出ます。

「階段を上がりトレイルへ」と地図にあります。

思わずそのままロードを行かないように注意。

左手に、草にまみれた階段があります。

 

また、ここはぬかるんだ土があるポイント。

石か泥土が草の中に隠れてて、かなり不安な気持ちで足を進めることになります。

 

たま~にきれいなブナ林です!

f:id:grikon716:20180731223654j:plain

↑ ずっとこんな道ならいいのに。

 

f:id:grikon716:20180731224039j:plain

↑ 弓張茶屋跡をすぎるとすぐ左手に広大な広場が!弓張平の公園です。

 ここの園内のロードをぐるっとまわってチェックポイント「パークプラザ」へ到着

 

f:id:grikon716:20180731224317j:plain

↑11.4km地点。ほぼ誤差なし。ここまでで約2時間。

迷ったとはいえ、結構いいペースできてたので、制限時間油断ならないな~という印象。消耗してたのでしっかり休憩。

 

ここからは、道路沿いではなく、芝生を通ってキャンプ場の方へ。

もともと六十里越街道の道は地下に埋まっていて、わからなくなっているらしい。

センタープラザをすぎ、コテージの前あたりで看板発見!

f:id:grikon716:20180731224652j:plain

↑ この看板の左にそれます。すると「石畳」の道が。

 

f:id:grikon716:20180731224757j:plain

↑ こんなかんじ。きれいに敷き詰められています。志津温泉街あたりまで続きます。

 

f:id:grikon716:20180731224914j:plain

↑ 湯殿山の彫が鮮明に刻まれた石碑。

 

f:id:grikon716:20180731225038j:plain

↑ 温泉街の直前に「常夜灯」

 

f:id:grikon716:20180731225236j:plain

↑ 五色沼。晴れてるともっときれいかも~

ここからしばらくロード。

f:id:grikon716:20180731230049j:plain

↑ トレイルに入るとまた気持ちの良いブナ林が!ここは本当に快適!

 

ここから沢ポイント3つ!

f:id:grikon716:20180731230220j:plain

↑ 倒木もありました。

 

f:id:grikon716:20180731230402j:plain

↑ 苔むすかんじでとてもきれいでした

 

f:id:grikon716:20180731230515j:plain

↑ ドボンはまる~!!笑

 

あとは我慢して登ります。

ほぼ沢みたいな道もあります。粘土質のところもあります。

雨だと絶対最悪!!といいながら・・・

f:id:grikon716:20180731230644j:plain

↑ そして、4時間半かけて大岫峠到着~!!(;・∀・)

 風、つよい~!!!湯殿山や姥が岳が途中見えました。

 

f:id:grikon716:20180731230929j:plain

↑ 大岫峠のO!!ここで18km地点。最初は湯殿山参籠所までいこうとしてましたが絶対無理!おとなしくここから下山です。

 

帰りはあっという間~

なんと!!

帰り道に「月山ツアー」をしているFunTrailsの奥宮さんことおっくんに

お会いしました!Eigerでもおせわになった操さん、山谷さんも!!

うれしい~!!!!!

 

「ゆきしろ」の方に六トレ試走の報告をしつつ、

かえりにマルシェにもよって、あとはロードで下山!!!笑

f:id:grikon716:20180731231220j:plain

↑ 久しぶりの再会!!みんなお元気そうで何より!!

 

f:id:grikon716:20180731231922j:plain

↑ゴールはコーラで乾杯!!うまい~!!!往復36km。おなかいっぱいです!

 

半分でこのボリューム!!

湯殿山~田麦俣は

秋の山行記録(六十里越街道トレイルラン) - 庄内町地域おこし協力隊3号の日記

をご覧ください!

 

終始、ピンクテープは多めだったので迷うことはあまりないと思います。

正直なところ、日本遺産らしさは満載。

素晴らしい場所だし、いろんな人に見てほしいけど、

レースにしたらいいのか?というとそうではない気もする。

それくらいデリケートな場所。保存されているものが荒らされないよう、

大切に守っていくきっかけになったらいいなと思います。

 

後半も侮れなさそうなので、しっかり準備をして挑みます!

 

長大作。読んでいただきましてありがとうございました。