庄内町地域おこし協力隊3号の日記

地域おこし協力隊として、庄内町に移住してきました!

ULTRA-TRAIL-Mt.FUJI(STY)完走報告(後編)

こんばんは!!

遅くなりました~!後編です☆

4.当日(スタート会場)

スタートは富士急のこどもの国から!

着くといきなり鯉のぼりの大群に出迎えられます!

北月山荘でも鯉のぼりをおよがしますが、いつも隣の鯉と

絡まってしまうので、これだけたくさんの鯉をきれいに泳がすのは

どうやるんやろう~???という目で見てしまいました。

f:id:grikon716:20180519002457j:plain

入口から会場までは10分ほど歩きます。

途中も写真スポットがたくさんあって、なかなか進まない私たち・・・

 

到着すると、おしゃれなキャンプフェスみたいな感じ~!!

f:id:grikon716:20180519002703j:plain

↑ お手製のUTMFの看板が♪♪SHOWNAIGHTに使えそう~!

 

f:id:grikon716:20180519002826j:plain

↑ STYもありました!Takeshimaの「T」のポーズ(´・ω・`)

 

f:id:grikon716:20180519002855j:plain

↑ ショップもいろいろあります!!みんなレース前ですが、

 安かったり、試供品もらったりできるので、わいわいやってます。

 

f:id:grikon716:20180519002946j:plain

↑ スタートゲートの前で♪これでも緊張してますよ~!

 

5.START~A1富士宮(22km、3時間)
お祭り気分で正午スタート!

f:id:grikon716:20180519003041j:plain


最初は林道。下りベースなので、スピードつけすぎないよういつものゆるラン。

途中でチームYKTの2人と合流!

 

気持ちよい鉄塔沿いのトレイル

f:id:grikon716:20180519003630j:plain

 

写真のような岩のところ

f:id:grikon716:20180519003404j:plain

↑ こういうところはみんな慎重に歩きます。

 

6.A1富士宮~A2麓(28km、6時間)
標高800mから1500mまでの最もハードな区間

大半のランナーはここで夜を迎えます。そしてトイレもない。

ひたすら登るのみ!

f:id:grikon716:20180519003938j:plain

↑ もくもく登るの図。UTMFは、マーキングがしっかりされており、100Mに

  一か所ある。そしてよく目立つ(特に夜間)

 (ベテランの方に言わせると、さすが鏑木さんというほど)

 

f:id:grikon716:20180519004150j:plain

↑ 結構ガスってました!

ほどなく、一番難関と思われた天子が岳に到着。

「意外と大したことなかったね」と話した後、

烏帽子山を越えて、ニセピークがたくさんの熊森山にだまされまくり!!

もうちょっとってどんくらい?!って感じ。

ガスってたのも、長く感じた原因かも。長かったぁ・・・。

下りは粘土質で、3回以上ころんでこのとおり・・・。

f:id:grikon716:20180519004316j:plain

その後も、1時間くらい下りのロード。エイドを楽しみになんとか到着。

ここは一人じゃなくてよかった。

ちなみに3時間遅く出発したはずのUTMFのトップランナーたちは

走って我々を追い越し…すごすぎた!

f:id:grikon716:20180519004453j:plain

↑ 富士宮焼きそばのエイドです!遅くまでありがとうございます!!

この時点で21時くらい。

f:id:grikon716:20180519004356j:plain

↑ チームYKTスペシャルエイド!!みそ汁ごはん、フルーツ、おにぎり、

 からあげ、色々食べまくり~!!

 

汗冷えしないように着替えたりもして、結局ここに40分ほどとどまったのち、

再出発!!ここからは一人で!

「みんなで走るのは心強いけど、夜中に一人でトレイル

を経験するのもいいかも。いつも誰かに頼ってばっかりの走りなので、

ちゃんと自分の力で走ってみよう」と。

一緒に走ってきた2人に「力尽きてたら拾ってください」とお願いしてスタート。

 

7.A2麓~A3本栖湖(10km、2時間)
エイドを出るところで、UTMFの女子2位を走っていた

丹羽薫選手が目の前を通過!思わず、こんな機会はないと、

後ろについて「頑張ってください」と声かけてしまった。

そしたら「STYうらやましいわ」との返答!

「Fは倍楽しめるからいいじゃないですか」とか意味不明なことを

言ってしまったけど、心の中では、

「こんなすごい選手でもSTYの方がうらやましいって思うのか」と驚き!

そして、そう思ってる人たちが自分より明らかに速いペースで

攻め続ける姿勢に感銘。一瞬の出来事でしたが、

スイッチが入るには十分でした。できる限り走り続けよう、と。


気持ちの問題か、前半抑えてたのもあって、

足は50km走ったと思えないくらい元気。

もちろん、登りはつらいけれど、我慢して登ります。

Fの選手はスイスイと登っていくのでとても不思議でしたが・・・。

 

8.A3本栖湖~A4精進湖民宿村(12km、1時間半)~Finish大池公園(20km、3時間15分)
ひたすらロードが長かった区間

樹海沿いで、地味な上り坂でひたすらロード。

歩いてる人も多かったけど、ここで歩いたら意味がない、

こういうところで強いのはやっぱり女性ランナー。

女性は走ってる人が多かった。


400mアップの山はあるものの、20kmならいける足があったので、

ひたすら前に進みました。明るくなっていくと、

景色も見えてきて、楽しくなる!

富士山のモルゲンロートと河口湖は本当に美しかった。

f:id:grikon716:20180519005122j:plain

最後のロードも踏ん張れました。

f:id:grikon716:20180519005153j:plain

↑ 川口湖畔沿いに約5kmロードを走ってゴール!!!

 

ゴールの瞬間、鏑木さんに楽しかったですと、お礼!

UTMF、1年半ぶりに開催してくれてありがとうございました、の意を込めて。

f:id:grikon716:20180519005259j:plain

↑ 庄内ゆるRUNを再びアピール!?

 

表彰式‼吉住友里選手が圧巻の1位!!

まだまだまだまだ及ばない舞台ですが、いつかこの場所に立ってみたいな~

なんて、えらい妄想をしてみたりしました♪(妄想って大事ですよね!)

f:id:grikon716:20180519005401j:plain

 

終了後は、チームYKTのメンバーでお疲れ様会の王将!!

そして一人山形へ帰路につきました!

 

あっというまの3日間。飛行機に乗っている間も、かえっている間も、

翌朝起きても、UTMF(100マイル)に出場している友人は

まだ走ってる・・・そう思うと恐ろしい世界だな~、と

本当に不思議な気持ち。

 

まだまだ自分が知らない未知の世界があるようです。

でも、しんどいだけじゃないからこそ、こんなにたくさんの人を魅了するのだと

思います。自分と向き合う時間。自然と向き合う時間。

 

本日も、長文を読んでいただきましてありがとうございました!!

では、よい週末を~☆