庄内町地域おこし協力隊3号の日記

地域おこし協力隊として、庄内町に移住してきました!

【レース報告】六十里越街道トレイルランニング

こんばんは!

先日、北月山荘に埼玉からツーリングできてくださった

お客様がいらっしゃいました。

埼玉からなのに、数か月に一度、奥様と来てくださるのです。

庄内三十三観音を回ったお話や、奥様と山で出会ったお話などを

伺い、とても幸せな気分になりました。

 

私のつたないブログも見てくださっているらしく・・・

嬉しかったので、ちゃんと更新します!笑

Aさん、見てますか~?!

 

以前、試走した六十里越街道トレイルラン「ろくトレ」のレース報告。

 

実行委員会の皆様お疲れさまでした。

ドボンポイントは相変わらず多かったですが(笑)、

試走のときよりははるかに改善されていました!

①橋はいずこに?と書いたポイントには新しく橋ができていた

f:id:grikon716:20180829000855j:plain

↑ 立派な橋!!

 

と思いきや・・・

f:id:grikon716:20180829000834j:plain

当日結局水没していたのには驚きでした・・・が、トラロープがすぐさま張られて対応してもらえたところをみると、想定内?笑

 

暑かったので、ドボンでもノープロブレムでした!

 

②ぬかるんでるところが多い

f:id:grikon716:20180829002259j:plain

↑ この看板の「キケン!」Versionが多数の場所にあり、慎重に行くべきところがわかりやすくなっていました。「水分とって!」の看板もうれしかった。

このキャラ、名前を募集するそうです。

f:id:grikon716:20180829004820j:plain

③虻が多い

⇒時期的に心配いりませんでした。むしろ朝晩は寒すぎ・・・

 

④滑りやすい

⇒雨が降ったからなのか、土を新たに敷いてくれたのか定かではありませんが、

 前半の急な下りがかなり快適に走れるようになっていました。

 A2~A3の田麦俣までの道は滑りやすすぎですが・・・

 私もぐねりました(あ、これはなにもないところで)

 

⑤制限時間が厳しい

⇒ハーフ(21km)が4時間、フル(42km)が8時間。

 これは実際結構厳しかったと思う。

 リザルト見たら、フルはエントリー者128名に対して完走者76名。(約6割)

 DNSの人もいるのかな、公式発表は7割でした!

安全面も考慮して、適当な時間なのかもしれませんが、

初めてのトレラン!という方には厳しめの設定だったかと思います。

 

さて、そんな中、私は仲間とこの道を楽しみ、無事完走してきました!

f:id:grikon716:20180828234643j:plain

【古の道「六十里越街道」】


庄内地方と内陸を結ぶ1200前に開かれた山岳道。大勢の行者や旅人たちが行き交って踏みしめられた道には、今も史跡とともにその風情が漂っている。
出羽三山日本遺産登録記念で第一回トレランレースが開催されました!
本道寺口7:00〜8:25志津パークプラザ8:35〜大岫峠10:00〜10:38湯殿山10:45〜田麦俣〜大日坊12:50〜注蓮寺〜十王峠13:35〜松根の八幡神社14:10
<43km7h10m53s>

 

後半は歴史を感じるポイントも多かった!

f:id:grikon716:20180829004022j:plain

特に大日方と注蓮寺は素晴らしかった~!!十王峠から下る途中の庄内平野鳥海山もたまらんってなりました!大網の棚田も写真映えです♪

こんな素敵なところがあるんですね~。また行きたい!今度はゆっくりと。

庄内三十三観音の間にいかないと。

f:id:grikon716:20180829004225j:plain

↑こんな感じの坂もけっこうありました。データの累計標高よりけっこう走りごたえがある印象。

 

f:id:grikon716:20180829004403j:plain

↑ きもちのよいトレイルはナイストレイル。また走りたいブナ林。

 

f:id:grikon716:20180829004451j:plain

↑ ラン友さんの奥様が撮ってくれた写真。いい感じ!まだ余裕あるときです。

 

スタートには、山伏の方も応援に来てくださり、

(山伏の恰好で走ってる方もいました!!まさに走り行者!)

とても歴史を感じることができるレースだったと思います。

 

終わった時には、正直もう走りたくないと思いましたが・・・笑

来年以降も、地元の大会として応援していきたいなと思います!!!

 

このレースを通じて、応援してくださった皆様、

出会った皆様、支えてくださった皆様に感謝です(*ノωノ)