庄内町地域おこし協力隊3号の日記

地域おこし協力隊として、庄内町に移住してきました!

湯殿山詣で「語るなかれ、聞くなかれ」~

ご無沙汰しております。

地域おこし協力隊3号は今日も変わらず元気です!

 

変わらず毎日いろんな人に会って、

いろんなことに気づいて、という幸せな日々。

 

さて、今日は「湯殿山」に行ったよ!という話。

羽黒・月山・湯殿山の3つで出羽三山と呼ばれる修験の山。

それぞれに神様がいて、3つを詣でると生まれ変わることができるという

信仰があることから、日本遺産にも登録されています。

 

羽黒・月山については、近いし、情報も入ってきますが

湯殿山は意外と入ってこない。自分で行ったのは

六十里越え街道の時以来。(しかもその時は神社はしまっていた)

 

今回はひょんなことから知り合うことになった

小説家のMさんとカメラマンのMさんに同行!

あ、自分もMだから3Mだった(;・∀・)

 

せっかくなのでカメラマンMさんのお写真使わせていただきます!

 

f:id:grikon716:20180704061746j:plain

相変わらず、山中にそびえたつ赤い鳥居。

同じ赤鳥居でも、羽黒のそれとはまた少し違う。

山の色が濃い分、湯殿山の鳥居は際立って見える。

 

シャトルバスもありましたが、せっかくなので徒歩で本宮へ。

f:id:grikon716:20180704062014j:plain

↑ 本当にきれいなショット。写真一つでこんなにもかわるのだから、

 やはりカメラはちゃんと勉強したいと思う。

 

少し上りもありますが、

途中にも神社があったり川が流れていたり、見どころはあるので

退屈しません。

 

f:id:grikon716:20180704062203j:plain

↑ 何かを感じられたMさんが突然悟りポーズ(?)をし始めました笑

 

f:id:grikon716:20180704062453j:plain

↑ すみません、この濃い写真は自分のものです。

 鉄分が多く含まれているので、かなり赤くなっています。

 最初は単に「あ、茶色い~」くらいでしたが、

 ずっと続いていて、とても不思議な感覚でした。

 

松尾芭蕉の句にある通り、「語るなかれ、聞くなかれ」

ですので、神域であった出来事を書くつもりはありません。

 

調べたらいくらでもわかる時代。

ただ、言えるのは知ると感じるは全く異なるということ。

入口まで行って、わかった気になていました。

参拝に関して言えば、月山以上のパワーをいただけると思います。

 

神社は好きで、旅の時には回るようにしていますが、

出羽三山、特に湯殿山は特別。

なぜ湯に殿をつけるのか、という単純な疑問は一瞬ですっきりとけました。

 

即身仏が宿る湯殿山

だからこそすがすがしさのある鳥居が必要だったのかも。

深い山脈に、存在感のある鳥居。

それがすべてを物語っているような気がします。

f:id:grikon716:20180704062732j:plain

 

そんな湯殿山で締めくくる出羽三山巡りの旅は、

8月4日~5日、庄内町の「月山霊峰登山ツアー」にて

体験することができます!(宣伝かい!笑)

kanko01.navishonai.jp

私はこの時御朱印帳を持っていき、三山で頂く予定です(*ノωノ)